前へ
次へ

弁護士の代理権を証明するものについて

弁護士は、依頼者から事件の処理を受任した場合、委任状を作成します。この委任状がなかったとしても、弁護士は依頼者の代理人として様々な法律事務を処理できることになっていますが、現実には証拠の提示を求められるケースが多いためです。たとえば、依頼者から債務整理を受任して金融機関へ弁護士が出向いた場合、委任状を提示しない限り、まともに対応してもらうことはできません。また、法的トラブルに巻き込まれている人のところへ、相手方の代理人を名乗る人が来たとしても、まずその証拠の提示を求めるのが普通です。ごく稀に詐欺を働く人がいますので、証拠の提示がない限り、疑ってかかるのが当然のことです。そのため、弁護士が依頼者から事件を受任した際には、まず委任状が作成されることになります。

top用置換

top用置換2
Page Top